読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やけのはら

趣味の物置

MacにAndroid仮想環境を構築してPCでShadowverseをプレイした話

ゲームが捗る〜〜〜

 

 

f:id:tarotaro0:20160708113634p:plain

 

 

きっかけ

以前に「Shadowverse」というカードゲームを紹介しました。

 

tarotaro0.hatenablog.com

 

このカードゲームにハマりにハマってしまった僕は、アプリに搭載されている「ニコ生連携機能」を使って、対戦をニコニコ生放送で配信し、皆で観戦して楽しんでいました。

しかし、付属のニコ生連携機能だとニコ生のツールである自動枠取り機能を使うことが出来ず、対戦が途中にもかかわらず30分の枠制限で切られ、改めて試合が終わった後に枠を取り直さなければいけない。アプリも重くなる。などとちょっと使いにくい……

 

そこで

「アプリ画面をPCにキャプチャ⇒PC画面にキャプチャしたものを配信」

 

 

という形にすれば自動枠取り機能他棒読みなど色々な機能が使える!と思い立ちました。

 

f:id:tarotaro0:20160708115218p:plain

 

しかし

www18.atwiki.jp

 

こちらを見て頂ければ分かるのですが、iOSバイスの画面を出力するためには"Airplay"という機能を使います。

通常AirplayはiOSの画面をAppleTVなどの専用機に出力するのですが、AirServerもしくはReflectorといったPCアプリを使うことで、PCに画面を出力する事が出来ます。

 

 

が、有料です。(と言っても2000円くらいで高機能みたいなのでゆくゆくは使ってみたいとは思っていますが…)

 

それでも

驚いたことに、Shadowverseのニコ生配信者を見てみると、アプリ本体の連携機能を使っていない人が多いんですね。

「みんな課金してるのか!?」と思ってたのですが、どうもおかしい。PCのマウスでカードを動かしているでは無いですか。

 

画面を出力するだけではPCのマウスで操作できるはずがない…何でだ…

 

 

 

f:id:tarotaro0:20160708120739j:plain

 

 

「PCでスマホバイスの仮想環境を構築すれば良いんだ!」

 

 

 

環境構築

と、長い長い前置きを置いておいて簡単に環境構築の話を。

 

必要なもの

Genymotion – Fast And Easy Android Emulation

Oracle VM VirtualBox

 

これだけ。

 

構築工程

1.Genymotionに登録

2.GenymotionからMac OSX ver.をDL

3.VirtualBox for OS XをDL

 

4.Genymotionを起動してログインしてデバイスを選択

f:id:tarotaro0:20160708121811p:plain

 

5.デバイスの仮想環境が構築されたら、選択して左上のStart

f:id:tarotaro0:20160708121854p:plain

 

 

…で出来るはずだったのですが、

 

『The configured driver wasn't found. Either the necessary driver modules wasn't loaded, the name was misspelled, or it was a misconfiguration.』

 

と言ったエラーが出てしまったので、色々調べた挙句この記事を参考にしました。

 

qiita.com

 

ここを参考にしてネットワーク設定を組み立てたら無事起動しました。

 

f:id:tarotaro0:20160708122334p:plain

ー間違えてアラーム画面のスクショ取った…

 

f:id:tarotaro0:20160708122241p:plain

Macでの画面はこんな感じ

 

 

 

感想

これにて無事PCでShadowverseに限らず、GooglePlayのゲームを自由にプレイ出来るようになりました。今までAndroid機を持ったことが無かったので新鮮です。Appleとゲームのラインナップはあまり変わらないので不便はあまり感じません。

 

尚、アプリの追加方法が少し特殊で、追加したいアプリの.apkファイルをドラッグして追加します。

元はこのGenymotion、Androidアプリの動作を確認するために利用するためのものらしいです。これからもしAndroidアプリの開発をすることになったら丁度使えそうなので美味しいですね。

 

ちなみに僕はMacbook airに導入したのですが、Genymotion自体の動作は快適です。あまりに長時間やり過ぎると次第に重くなってくるかな…って位です。

PCスペックによって構築するデバイスを変えることでサイズ・スペックも調節可能なので、もう少し高スペックのPCだったら更にサクサクいけるのかなーって思います。

 

ー適当に動かしてみた

 

 

 

ということで快適なShadowverseライフを!